Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

【予告】プリンス(Prince)の特集をこれから数回実施!

prince_shm
画像:http://www.treblezine.com

皆さま、本当にご無沙汰していました。前回更新してから、実に半年以上ぶりですね。

もうすでにご存じかと思います。あのプリンスが4/21に永眠しました。主に80年代に大ヒットを飛ばし、マイケル・ジャクソンのライバルと呼ばれ、 他アーティストからの支持も高い人でした。

音楽面ではファンクを中心に、ロック・ソウル・R&B・ダンス・テクノ・ジャズなどありとあらゆる音楽を融合させ、もはや「プリンス自体が一つのジャンル」と呼ばれるほどの天才ぶりを発揮。さらに作詞・作曲・アレンジ・楽器演奏をほぼ一人でやってのけてしまう。
のめりこんで聴いていたときは、この人どこまで「才能の塊」であれば気が済むんだろうと思っていたものです。

近年も毎年にわたり新作をリリースし続け、ファンを喜ばせていました。

まあ日本人受けという点では、正直ビジュアル・歌詞・ビデオ・パフォーマンスなどから 拒絶反応を起こす人も多かったとは思います(笑) 同時代に活躍したマイケル・ジャクソン、マドンナなどに比べると、日本では好きな人は好き、知る人ぞ知るという感じだったかなと。

LOS ANGELES, CA - JUNE 27:  Musician Prince performs onstage at the 2006 BET Awards at the Shrine Auditorium on June 27, 2006 in Los Angeles, California.  (Photo by Frazer Harrison/Getty Images)

画像:http://www.thedrum.com/

確かにクセが強いことは確かですが、かなりポップかつお洒落に仕上げた曲などもあって 聴きやすくて面白い曲もたくさんあるんですよ。 じゃなきゃ、パープルレインを始めあんなに売れたりしません。人気を集めた理由がちゃーんとあるんです。

洋楽が好きなら、プリンスを一つも聴かずにいるのは絶対にもったいないと断言します。

彼の魅力を再確認するため、おすすめのアルバムをこれから数回にわたり特集します。
第1回をお楽しみに!

ページトップへ戻る