Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

キュートだけどソウルフルなボーカル!トリ・ケリーの”Nobody Love”

じわじわと人気を集めつつある女性シンガーソングライターのトリ・ケリー。
一回声を聴いただけで、惹かれてしまいました。

あのサム・スミスやエド・シーランも目を付けるほどのポテンシャル!
サムは「トリのヴォーカルは素晴らしい」と絶賛してますし、
エドは自らの公演の前座に指名したこともあるぐらいです。

トリ・ケリーって?

150512-tori-kelly2

1992年12月生まれのアメリカ・カリフォルニア出身のシンガーソングライター。

見た目はモデルといてもいいぐらいにキュートなんですが、
ギター・ピアノ・ドラムを演奏できるそうです。

ティーンの頃から作曲を行っており、
オーディション番組「アメリカン・アイドル」のシーズン9にも出演。
この時はファイナルに残れませんでしたが、多くの人に印象を与えました。

その後彼女はカバー曲をYoutubeにUpするというアプローチを試みます。
フランク・オーシャンの「Thinking About You」のカバーで大ブレイク。
この動画は話題を呼び、再生回数は2,200万を超えました。

大手レコード会社のキャピタル・レコードとの契約に成功し、
シングル”Dear No One”とアルバム『Forward』をリリース。

そして今、ニューアルバムからの新曲「Nobody Love」がじわじわと注目を集めています。

試聴タイム♪

Nobody Love

試聴してみて

このパワーに溢れながらもスウィートな感じも残す声は印象的ですね!

あのマックス・マーティンと組んで作った曲ということで、
どうりでキャッチーなポップの仕上がりになっているなと思いました。

マックス・マーティンと言えば、テイラー・スウィフト、ブリトニー・スピアーズ、ケイティ・ペリー、ケシャなど数々の人気女性アーティストを手掛けてきた人。
素材そのものの良さを引き出して、世間の受けのいいように仕上げることに関しては天才的な能力を持っている人ですね。

トリ・ケリーに関しては、どことなくソウルフルというかR&Bな感じもするなと思っていたら、やはりケリー本人もそういう音は好んでいるそうです。

最先端のポップとソウルフルな力強さを併せ持ったこの曲が出来たとき、
彼女は「先がパッと開けた」という手ごたえをつかんだのだそう。

自分自身が表現したいと思ってたものができたことで、
名刺代わりになる1曲になったんですねー♪

この曲が収録されているニューアルバム『Unbreakable Smile』
6/23にリリースされるとのことで、そちらの仕上がりも楽しみ。
もっと人気が出そうな彼女の今後には要注目です!

↓曲単体はiTunesにて!

↓アルバムの詳細は以下からどうぞ

ページトップへ戻る