Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

2015年に音楽界で最も稼いだ女性アーティストは?

経済誌フォーブス誌が、「2015年に音楽界で最も稼いだ女性アーティスト」ランキングを発表しました。

デジタルダウンロード・CDに始まり、ライブツアー、テレビコマーシャルなどあらゆる稼ぎを集計したというこのランキング、毎年発表されていますが昨年のトップはビヨンセでした。では今年は誰がトップになったのでしょうか??

ランキングBEST10

1.ケイティ・ペリー  1億3,500万ドル(約165億円)
2.テイラー・スウィフト  8,000万ドル(約98億円)
3.フリートウッド・マック  5,950万ドル(約73億円)
4.レディー・ガガ  5,900万ドル(約72億円)
5.ビヨンセ  5,450万ドル(約66億円)
6.ブリトニー・スピアーズ  3,100万ドル(約38億円)
7.ジェニファー・ロペス  2,850万ドル(約35億円)
8.ミランダ・ランバート  2,850万ドル(約35億円)
9.マライア・キャリー  2,700万ドル(約33億円)
10.リアーナ  2,600万ドル(約32億円)

考察

ケイティ・ペリーがダントツのトップでした!!
彼女は何といってもプリズマティック・ワールド・ツアーでしょう。
全世界で100回以上行った大規模なツアーで、どこも盛況でした。
日本公演も2日間ともチケットは売り切れ!

他にもオリジナルの香水や広告収益など手広く事業を行っていて、その収益も効いているようです。
来年あたり待望の新曲を中心にして、リリース活動を本格的に再開するのではないかと言われているケイティ。
新曲&ニューアルバム発売なんてことになったら、来年もランキングに入る可能性が大です。

第2位はテイラー・スウィフト!
未だにビルボード・アルバムランキングでTOP10にランクインする大ヒットとなったアルバム『1989』と始まったツアーが要因です。
最新シングルもTop10入りするなどまだまだ勢いはあります。
今後ツアーでの売り上げはますます大きくなるでしょう。

気の早い話ですが、来年はアデルが上位に入りそうな気がします。
シングル”Hello”が記録的な大ヒットを飛ばしていて、
新作『25』も相当なセールスになるだろうと予測されているからです。

あとは新曲が出ていながらまだアルバムの発表はされていないリアーナ。
彼女にしては新曲が上位まで行かなかったことが理由なのか、
どうもリリース時期・内容について慎重に進めている感があります。
ですがアルバムが出れば注目度は当然高いので、彼女も上位に行く可能性が出てくるかもしれません。

ページトップへ戻る